Deprecated: Array and string offset access syntax with curly braces is deprecated in /home/users/1/tamacha/web/fx-yarikata.com/wp-content/plugins/count-per-day/counter-core.php on line 1517

Deprecated: implode(): Passing glue string after array is deprecated. Swap the parameters in /home/users/1/tamacha/web/fx-yarikata.com/wp-content/themes/simplicity2/functions.php on line 376
タートルスーププラスワン

タートルスーププラスワン

 

タートルスーププラスワンとは

「タートルスーププラスワン」とは、1999年出版の『魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門』の本の中で紹介されている「タートルスープ」の改良版です。

「タートルスープ」と「タートルスーププラスワン」は、次のような流れで作られました。

.天才投資集団「タートルズ」の順張りブレイクアウト(ドンチャンブレイクアウト)の勝率が36%しかない
.ブレイクアウトをだましと捉え、逆張りすれば、勝率も高くなるのでは?
 → ブレイクアウト後の逆張り手法である「タートルスープ」の完成
.「タートルスープ」よりも、もっとたくさんの人を罠にハメてから逆張りできないか?
 → ブレイクアウト後の逆張りを1日遅くする「タートルスーププラスワン」の完成

そのため「タートルスープ」と「タートルスーププラスワン」は、ほとんど手法は変わりません。エントリーする日が1日遅いものが、「タートルスーププラスワン」になります。

タートルスーププラスワンは、もう古い?
最新のライントレードはこちら

タートルプラスワンの手法

タートルスーププラスワンとは、次のような手法です。

.日足で見る
.昨日、過去20日(昨日を含む)のヒゲを含む最安値Aを更新する最安値Bを叩いたら、シグナル
.今日、最安値Aで仕掛け
.利確は2~6日で一部手仕舞い、初めの損切は、最安値Bか今日の最安値の1ティック下で、その後の損切は、トレーリングストップで追従

エントリー時のチャートの形は、今風に言えば、ダブルボトム(売りの場合はダブルトップ)に近い形になります。

ちなみに、ここで言う1ティックとは、取引の最小単位です。そのため、FXでは1pipsとして考えることが多いです。

なお「タートルスープ」と「タートルスーププラスワン」では、次のように、仕掛けにも、若干、違いがあります。

タートルスープ:当日の値動きで仕掛ける。仕掛けは最安値Aより5~10pips戻したとき。
タートルスーププラスワン:前日の値動きで仕掛ける。仕掛けは最安値A。

タートルスープの方が、当日に仕掛ける分、戻しを確認してからのエントリーになります。そのため、タートルスープは、タートルスーププラスワンより獲得pipsが5~10pips少なくなります。

タートルスーププラスワンの手法には、その他の細かいルールとしては、次のようなルールもあります。

Aでの指値注文は、当日のみ有効
過去の20日の安値は、昨日を含めて3営業日

タートルスープの場合は4営業日ですが、タートルスーププラスワンは翌日に仕掛けるので3営業日となっています。

なお、FXで利用する場合は、分足や1時間足でのエントリーでも可能で、他の時間足でタートルスーププラスワンを狙うときは、日数ではなくロウソク足の本数で判断します。

タートルスーププラスワンの方が、1本前のロウソク足の値動きを見てからエントリーできるため、落ち着いてエントリーしやすいというメリットもあります。

ただし、「タートルスープ」も「タートルスーププラスワン」も、1999年に『魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門』の本の中で紹介された手法なので、やや古い手法であることは否めません。そのため、もっと最新の手法でトレードしたいという方には、ライントレードもおすすめです。

ライントレードは、レジスタンスラインやサポートライン、ピボットラインといった水平線を元にして、ラインブレイクした瞬間を狙う、安定性の高いFXの手法です。

ライントレードの完成形である『マーケティングFX』なら、ロット数の調整や利確・損切の設定もワンクリックでできるため、初心者の方でもなじみやすいツールになっています。

そのため、とりあえず手軽に稼ぎたい方は『マーケティングFX』もチェックしておくといいかもしれません。

タートルスーププラスワンより、もっと手軽に!
最新のライントレードの知識を盛り込んだ
『マーケティングFX』はこちら