Deprecated: Array and string offset access syntax with curly braces is deprecated in /home/users/1/tamacha/web/fx-yarikata.com/wp-content/plugins/count-per-day/counter-core.php on line 1517

Deprecated: implode(): Passing glue string after array is deprecated. Swap the parameters in /home/users/1/tamacha/web/fx-yarikata.com/wp-content/themes/simplicity2/functions.php on line 376
ロンドンボックスのFX

ロンドンボックスのFX

 

ロンドンボックスのFX

ロンドンボックスのFXというのは、次のような手法です。

.ロンドン市場の時間を元に、レンジのボックスを作る
.ボックスをブレイクしたところで仕掛け

といっても「ロンドンボックス」には、2つの使われ方があります。

ロンドン時間の前をボックスにしたレンジ帯にする:東京時間をボックスにして、ロンドン時間に仕掛ける
ロンドン時間をボックスにしたレンジ帯にする:ロンドン時間をボックスにして、NY時間に仕掛ける

一般的には、「ロンドンボックス」と言う場合、ロンドン時間の前をボックスにしたレンジ帯を作り、ロンドン時間に仕掛ける、という意味で使われる場合が多いです。

ちなみに、日本時間でいうと、東京時間・欧州時間(ロンドン時間)・ニューヨーク時間は、次のようになっています。

東京時間:日本時間で9:00~17:00
欧州時間:日本時間で16:00~24:00(冬時間なら17:00~25:00)
ニューヨーク時間:日本時間で22:00~6:00(冬時間なら23:00~7:00)

東京時間は、値動きは小さいですが、欧州時間の始まる16:00頃になると、FXの値動きは一気に活発になります。

この値動きの活発になる時間を狙い、ボラティリティの高さを利用して、一気に利確する方法が「ロンドンボックス」です。

なお、欧州時間の特徴としては、次のようなものがあります。

19時:昼の休憩の時間になるため、値動きが、一旦、落ち着く
21時~1時:NY時間のトレーダーも参加するため、値動きが最も活発に
0時(冬時間は1時):ロンドンフィックスで前後30分の値動きが大きくなる

ロンドンフィックス(フィキシング)とは、その日の輸入・輸出の両替レートを決めのことです。ロンドンフィックス(フィキシング)は、ロンドン市場の取引が終わる時間に決定されます。

ロンドンボックスも
ブレイクシグナルで見逃さない!
『マーケティングFX』はこちら

FXにおけるロンドンボックスの作り方

ロンドンボックスの作り方として一般的なものは、次の2種類があります。

.欧州時間の0時から7時までを、1つのボックスにする
.東京市場の時間を、1つのボックスにする

一般的には、欧州時間の0時から7時までを、1つのボックスにします。

ちなみに、欧州時間の0時から7時までは、日本時間でいうと次のようになります。

夏時間:7時~14時
冬時間:8時~15時

ボックスにする時間を決めた後は、次のように取引を行います。

.15分足を利用
.ボックス内の、ヒゲを含めた高値と安値で四角を作る
.ボックス内の、高値、または、安値を、ロウソク足の実体が抜けたら、次の時間足で仕掛け
.利確・損切は、仕掛けた時間足の始値を元にして、利確20pips、損切30pipsで、OCO注文
.もし損切になったら、すぐにリバーサルルールで逆張りし、逆張りが売りなら利確はボックスの安値、買いなら利確はボックスの高値とし、損切は30pips

負けた場合は、リバーサルルールで逆張りするため、1回のロンドンボックスで、最大2回までトレードすることになります。

ロンドンボックスには、似たような名前で、いくつか呼び方がありますが、どれも似たような意味です。

ロンドンボックス
ロンドンブレイク
ロンドンブレイクアウト
ヨーロピアンボックス
アジアンタイムレンジブレイクアウト
ロンドンオープニングブレイクアウト
ロンドンオープニングレンジブレイクアウト

ロンドンボックスの手法だと、リスクリワードは1:1より低くなりますが、その分は、勝率でカバーします。

ロンドンボックスも
ブレイクシグナルでチェック可能!
『マーケティングFX』はこちら

FXにおけるロンドンボックスをMT4で使うには

ロンドンボックスをMT4で使う場合は、次のインジゲーターを入れば、東京市場・欧州市場・NY市場のボックスを作ってくれます。

Sessions.mq4

「Sessions.mq4」は、高値・安値も含めて、自動でボックスを作ってくれます。自分の好みの時間帯でボックスを作成することもできるため、カスタマイズするといいかもしれません。

初期設定だと、東京市場・欧州市場・NY市場の全てが表示されて少し見づらいため、ロンドンボックス用の7時間だけをボックスにするのがおすすめです。

なお、まだトレード手法が定まっていなかったり、なるべく手軽に稼げるFXの手法を探している方には、「ライントレード」もおすすめです。

ライントレードなら、ラインがブレイクした瞬間に売買サインで知らせてくれるため、あとは、ラインにそって利確・損切ラインを決めてトレードするだけなので、時間のない方でも手軽に始められます。

また、ロンドンボックスも、ボックスのラインを抜けたときに仕掛ける手法なので、ライントレードと相性がいいです。そのため、ライントレードの完成形である『マーケティングFX』も、一度、チェックしてみてもいいかもしれません。

ロンドンボックスも
ライントレードのブレイクシグナルで見逃さない!
『マーケティングFX』はこちら