Deprecated: Array and string offset access syntax with curly braces is deprecated in /home/users/1/tamacha/web/fx-yarikata.com/wp-content/plugins/count-per-day/counter-core.php on line 1517

Deprecated: implode(): Passing glue string after array is deprecated. Swap the parameters in /home/users/1/tamacha/web/fx-yarikata.com/wp-content/themes/simplicity2/functions.php on line 376
FXTFをMT4で使う上での注意点

FXTFをMT4で使う上での注意点

MT4が使える「FXTF(FXトレードフィナンシャル)」の人気度は?

FXTF(FXトレードフィナンシャル)は、MT4(メタトレード4)を使える国内のFX会社の中で、最も有名なFX会社の一つです。ちなみに「ファイナンシャル」ではなく「フィナンシャル」なので、間違えないように注意しましょう。

MT4を使える国内FX口座を選ぶなら「FXTFか、OANDAの2択」と言われるほど、MT4を使う方にとっては有名なFX口座です。

「OANDA」に比べると、ややサーバーが弱く、約定などで少しタイムラグを感じることもありますが、MT4を使える業者の中では、スプレッドと呼ばれる手数料が一番少ないです。そのため、MT4を使える国内FX業者の中では、おそらく一番人気でしょう。

「FXTF(FXトレードフィナンシャル)」でMT4を使うときの注意点

FXTFで、MT4を使うときは、次の2つの点に注意する必要があります。

  1. 通貨ペアの語尾に「-cd」とつく「FXTF」の独自仕様がある
  2. ストップレベルがある

普通、MT4を使えるFX口座の通貨ペアは、「AUDCAD」「USDJPY」というように、通貨のみのアルファベット6文字で、シンプルです。一方、「FXTF」の通貨ペアには、次のように、語尾に「-cd」がつきます。

  • 一般的なMT4口座は「AUDCAD」、FXTFは「AUDCAD-cd」
  • 一般的なMT4口座は「USDJPY」、FXTFは「USDJPY-cd」

このように、語尾に「-cd」とつくため、MT4を使うときは、このクセをきちんと理解しておく必要があります。日本のFX口座でMT4の使える、もう一つの人気口座である「OANDA」も、語尾に「-a」がつきます。そのため、「FXTF」や「OANDA」を使う場合は、通貨ペア名の独自性には注意しましょう。

また、「FXTF」には、「ストップレベル」というものがあります。指値・逆指値を入れるとき、「ストップレベル以上」でなければなりません。「ストップレベル」は、指値・逆指値の「pips制限」と考えればいいかもしれません。次のように計算します。

  • 指値・逆指値は、「(ストップレベル÷10)pips以上」
  1. 例:ストップレベル50なら、指値・逆指値は、現在価格より5pips以上離す
  2. 例:ストップレベル150なら、指値・逆指値は、現在価格より15pips以上離す

そのため、指値・逆指値を同時に入れる「OCO注文(One Cancels the Other)」のトレードスタイルのときは、注意した方がいいかもしれません。

ちなみに、2019年3月18日(月)時点での「FXTF」のストップレベルは、次の通りです。比較のため、ストップレベルの大きい「XM」の同時刻のデータも載せました。

ABC順通貨ペアFXTFのストップレベルXMのストップレベル
1AUDCAD50160
2AUDJPY5099
3AUDNZD50210
4AUDUSD5050
5CADJPY50100
6CHFJPY50120
7EURAUD50120
8EURCAD50140
9EURCHF5062
10EURGBP5050
11EURJPY5054
12EURUSD5040
13GBPAUD50160
14GBPJPY50108
15GBPUSD5052
16NZDJPY50140
17NADUSD5080
18USDCAD5052
19USDCHF5050
20USDJPY5040

ストップレベルを導入する目的は、一般的には、数秒~数分での取引を繰り返す「スキャルピング」を制限するためです。「スキャルピング」によるトレードは、サーバーへの負荷が大きいため、禁止しているFX業者もあります。

実際、「FXTF」は、スキャルピング禁止で、スキャルピングをしていると、警告の連絡が来たり、口座を凍結されるので、注意しましょう。

一応、「FXTF」のストップレベルは小さめなので、損切の逆指値を6pipsにするスキャルピングなら、ストップレベル的にはスキャルピングは可能ですが、短時間での頻繁なトレードはやめた方が無難です。

ゆっくりと1日のうち数回トレードするデイトレードで資金を増やしたい方は、私も使っている「マーケティングFX」で「FXTF」を利用するのもおすすめです。

「マーケティングFX」は、MT4(メタトレード4)に入れるツール(EA、エキスパートアドバイザー)で、さらに、損切は「5pips+2~3pips以上、というルール(計7pips~8pips以上)」があるので、「FXTF」との相性もよくなっています。

また、トレードも、注文時に、「利確の指値」と「損切の逆指値」を入れれば、あとはほったらかしのトレードなので気楽です。「マーケティングFX」は、「FXTF」のデモ口座でも利用できるので、一度、チェックしてみてもいいかもしれません。