Deprecated: Array and string offset access syntax with curly braces is deprecated in /home/users/1/tamacha/web/fx-yarikata.com/wp-content/plugins/count-per-day/counter-core.php on line 1517

Deprecated: implode(): Passing glue string after array is deprecated. Swap the parameters in /home/users/1/tamacha/web/fx-yarikata.com/wp-content/themes/simplicity2/functions.php on line 376
FXにおけるレバレッジとは?

FXにおけるレバレッジとは?

FXは、レバレッジがあるので、大きく儲けるチャンスもある

FXの一番の魅力は、やはりレバレッジでしょう。FXにおける「レバレッジ」とは、あなたの資金の何倍の取引ができるか、を表す倍率です。

日本のFX業者は、レバレッジは25倍までと法律で決められていますが、海外のFX業者のレバレッジは500倍程度が標準です。

資金が1万円の場合は、レバレッジの倍率により、最大で次の金額まで取引することができます。

  • 資金1万円でレバレッジ1倍:1万円分まで
  • 資金1万円でレバレッジ10倍:10万円分まで
  • 資金1万円でレバレッジ25倍:25万円分まで
  • 資金1万円でレバレッジ100倍:100万円分まで
  • 資金1万円でレバレッジ500倍:500万円分まで

といっても、これだけだと、レバレッジが高いからといって、どれだけ儲かるチャンスがあるか分からないと思います。

実際にトレードするときは、数秒~数分でトレードを終了する「スキャルピング」と、1日の中でトレードを終了する「デイトレード」で、狙う利益が異なります。狙う利益は、「pips(ピプス)」という単位で表します。

  • スキャルピング:1pips~5pipsの利益を狙う
  • デイトレード:10pips~50pipsの利益を狙う

ただしスキャルピングの場合は、平均すると3pips程度の利益になり、デイトレードだと25pips程度になります。

ちなみに、1pipsというのは、ドル円やユーロ円のように、通貨ペアに円が絡む場合は、1pips=0.01円です。そのため、1ドル100円の場合、1ドルあたりの狙う利益は、次のようになります。

  • スキャルピング:1ドルで、0.01円~0.05円(平均0.03円)の利益を狙う
  • デイトレード:1ドルで、0.1円~0.5円(平均0.25円)の利益を狙う

レバレッジをきかせれば、日本のFX業者なら資金の25倍の通貨を扱えます。また、海外のFX業者なら、資金の500倍の通貨を扱うこともできます。そのため、1万円の資金しかなくても、1ドル100円のときなら次の通貨量を扱うことができます。

  • 資金1万円でレバレッジ1倍:100ドル分
  • 資金1万円でレバレッジ10倍:1000ドル分
  • 資金1万円でレバレッジ25倍:2500ドル分
  • 資金1万円でレバレッジ100倍:10000ドル分
  • 資金1万円でレバレッジ500倍:50000ドル分

このとき、スキャルピングで0.03円利益を確定させたり、デイトレードで0.25円利益を確定させると、次の金額、儲けることができます。

  • 資金1万円でレバレッジ1倍:スキャル3円、デイトレ25円
  • 資金1万円でレバレッジ10倍:スキャル30円、デイトレ250円
  • 資金1万円でレバレッジ25倍:スキャル75円、デイトレ625円
  • 資金1万円でレバレッジ100倍:スキャル300円、デイトレ2500円
  • 資金1万円でレバレッジ500倍:スキャル1500円、デイトレ12500円

資金10万円だと、次の金額、儲けるチャンスがあります。

  • 資金10万円でレバレッジ1倍:スキャル30円、デイトレ250円
  • 資金10万円でレバレッジ10倍:スキャル300円、デイトレ2500円
  • 資金10万円でレバレッジ25倍:スキャル750円、デイトレ6250円
  • 資金10万円でレバレッジ100倍:スキャル3000円、デイトレ25000円
  • 資金10万円でレバレッジ500倍:スキャル15000円、デイトレ125000円

そのため、レバレッジ500倍のハイレバレッジ(ハイレバ)でスキャルピングで回せば、資金10万円なら、数秒から数分で、1回15000円前後プラスマイナスしていくことになります。

ただし厳密には、海外FX業者でレバレッジ500倍でスキャルピングをするのは困難です。というのも、海外FX業者は、スプレッドと呼ばれる手数料が、高いためです。海外のFX業者の場合は、ドル円でもスプレッドの手数料が1pips~2pips程度かかるため、1回の取引で1pips~2pipsの手数料を払って3pipsの利益を狙うのには、無理があります。そのため、レバレッジ500倍のハイレバでトレードする場合は、平均25pipsを狙うデイトレがメインとなります。

FXのハイレバ(高いレバレッジ)は、現実的か?

実際は、ハイレバでトレードを繰り返すと、ほぼ確実に資金を失います。そのため、一般的には、「レバレッジは最大でも10倍まで」と言われています。しかし本来、レバレッジは、1回のトレードでいくら損してもいいかをベースに考える必要があります。プロのトレーダーは、1回の取引での損失は1%以下になるように調整します。

  • 資金1万円:1回の取引で100円の損まで
  • 資金10万円:1回の取引で1000円の損まで
  • 資金100万円:1回の取引で10000円の損まで

また、スキャルとデイトレは、損失の目安がそれどれ違っています。大体、損してもいいpipsは、次のようになっています。

  • スキャル:損失は5pipsまで
  • デイトレ:損失は25pipsまで

そのため、スキャルだと、ドル円が1ドル100円のときの安全な取引量のドルは、次のようになります。

  • 資金1万円:5pips=0.05円マイナスが、100円の損になるのは、2000ドル分のとき
  • 資金10万円:5pips=0.05円マイナスが、1000円の損になるのは、2万ドル分のとき
  • 資金100万円:5pips=0.05円マイナスが、10000円の損になるのは、20万ドル分のとき

最終的に、ドル円が1ドル100円のときのスキャルでの安全なレバレッジは、次のようになります。

  • 資金1万円で2000ドル=20万円分:レバレッジ20倍
  • 資金10万円で2万ドル=200万円分:レバレッジ20倍
  • 資金100万円で20万ドル=20000万円分:レバレッジ20倍

そのため、スキャルピングで安全に取引するなら、レバレッジ20倍以下ならばOKと言えるかもしれません。レバレッジ最大20倍なら、国内FX業者で十分だと言えます。国内FX業者は、スワップと呼ばれる取引手数料も安いため、スキャルピングをメインにするなら、わざわざスワップの高い海外FX業者を使う必要はありません。

同じように、デイトレだと、ドル円が1ドル100円のときの安全な取引量のドルは、次のようになります。

  • 資金1万円:25pips=0.25円マイナスで、100円の損になるのは、400ドルのとき
  • 資金10万円:25pips=0.25円マイナスで、1000円の損になるのは、4000ドルのとき
  • 資金100万円:25pips=0.25円マイナスで、10000円の損になるのは、4万ドルのとき

最終的に、ドル円が1ドル100円のときのデイトレでの安全なレバレッジは、次のようになります。

  • 資金1万円で400ドル=4万円分:レバレッジ4倍
  • 資金10万円で4000ドル=40万円分:レバレッジ4倍
  • 資金100万円で4万ドル=400万円分:レバレッジ4倍

そのため、デイトレで安全に取引するなら、レバレッジ4倍以下ならばOKと言えるかもしれません。デイトレの場合は、1回のトレードでスキャルピングより大きな利益を狙う分、損失もスキャルピングより大きくなるため、スキャルピングよりもレバレッジが低くなければなりません。もし、デイトレで取引しているのにレバレッジ10倍にしていると、レバレッジが高すぎて、いずれ、資金をすべて失う可能性が高いといえるでしょう。

FXで安全に取引できるレバレッジとは?

FX業者を選ぶときは、少なくとも、レバレッジだけで言うと、安全に取引したいなら、レバレッジはスキャルピング時の最大20倍程度が上限です。そのため、レバレッジ最大25倍の法規制のある国内のFX業者を選んでも、レバレッジが数百倍の海外のFX業者を選んでも、安全なトレードの仕方を選ぶなら、変わらないと言えます。

ただし、海外FX業者にもレバレッジ以外に良いところがあるので、FX業者を選ぶときは、レバレッジ以外の内容で選ぶようにしましょう。

なお、資金の1%の損失でおさえるようにトレードしようとしても、実際は、1ドル110円や1ドル90円のときによって、安全な最大レバレッジは変わってきます。また、チャートにより、スキャルの損切を3pipsにしたり、デイトレの損切を12.5pipsにしたりすると、安全な最大レバレッジは変わってきます。

そのため、損切のときに、常に1%以下で調整するのは、手動だとかなりめんどうです。しかし、私も使っている「マーケティングFX」なら、損失1%になるよう、取引量を自動で設定してくれます

「マーケティングFX」はデイトレがメインですが、チャートの形により損切りのラインを12pipsや21pipsなど毎回変えても、「COPY」ボタンを押せば、自動で損切り1%になる通貨量に設定してくれます。スピーディに取引できるため、チャンスも逃しにくく、楽しくトレードすることができるため、チェックしてみてもいいかもしれません。