Deprecated: Array and string offset access syntax with curly braces is deprecated in /home/users/1/tamacha/web/fx-yarikata.com/wp-content/plugins/count-per-day/counter-core.php on line 1517

Deprecated: implode(): Passing glue string after array is deprecated. Swap the parameters in /home/users/1/tamacha/web/fx-yarikata.com/wp-content/themes/simplicity2/functions.php on line 376
FXのpips、1pipsはいくら?

FXのpips、1pipsはいくら?

FXで使われるpipsって、何なの?

FXでは、どの程度勝っているのかを自慢するために「pips」という単位を使うのが一般的です。「pips」を使うのは、ドル円やユーロ円といった通貨の組み合わせとも関係なく、手持ちの金額にも関係ないため、みんな同じように比較できるためです。

1pipsは、円の絡んでいる「ドル円」や「ユーロ円」と、円の絡んでいない「ユーロドル」や「ポンドドル」で、単位が違います。

  • 円の絡んでいるもの:1pips=0.01
  • 円の絡んでいないもの:1pips=0.001

そのため、1ドル100.00円のときに買って、1pips勝ったり負けたりすると、次のようになります。

  • 1ドル100.00円で買って、100.01円で売る=プラス1pips
  • 1ドル100.00円で買って、99.99円で売る=マイナス1pips

同じように、1ユーロ1.000ドルのときに買って、1pips勝ったり負けたりすると、次のようになります。

  • 1ユーロ1.000ドルで買って、1.001ドルで売る=プラス1pips
  • 1ユーロ1.000ドルで買って、0.999ドルで売る=マイナス1pips

これなら、お金のない人でも、お金のある人でも同じように比較できるので、FXで勝っている・負けているの比較がしやすくなるわけです。

FXのpipsは、スキャルピングやデイトレで違う

FXのpipsは、トレードの方法で、何pipsを狙うかが違います。

数秒~数分のトレードを繰り返す「スキャルピング」と、1日に数回のトレードを繰り返す「デイトレ」では、次のように異なります。

  • スキャルピング:1pips-5pips程度の利益を狙う
  • デイトレ:10pips-50pips程度の利益を狙う

FXで1pips勝つと、いくらくらいになるの?

FXをする場合、軍資金の数十倍~数百倍のトレードもできるので、1pips勝つと、かなり儲かるイメージがあるかもしれません。

しかし、プロのトレーダーは、まず、1回のトレードで何pipsまでなら損していいかを計算してから、トレードを行います。この「損していいpips」は、「スキャルピング」と「デイトレ」で異なります。

  • スキャルピング:1回のトレードでの損は5pips程度まで
  • デイトレ:1回のトレードでの損は25pips程度まで

そして、1回のトレードの損は、軍資金の1%以下になるように調整します。そのため、「スキャルピング」と「デイトレ」で、それぞれの1pipsと軍資金の関係は、次のようになります。

  • スキャルピング:5pipsが軍資金の1%、1pipsは軍資金の0.2%
  • デイトレ:25pipsが軍資金の1%、1pipsは軍資金の0.04%

そのため、スキャルピングの場合は、軍資金により次のようになります。

  • スキャルピングで軍資金1万:1pipsは20円
  • スキャルピングで軍資金10万:1ipsは200円
  • スキャルピングで軍資金100万:1pipsは2000円

スキャルピングの場合は、1pips-5pips程度の利益を狙いますが、大体3pips前後になることが多いので、軍資金1万なら3pips取れても60円の儲けにしかなりませんが、軍資金100万で3pips取れれば6000円の儲けになります。

また、デイトレの場合は、軍資金により次のようになります。

  • デイトレで軍資金1万:1pipsは4円
  • デイトレで軍資金10万:1pipsは40円
  • デイトレで軍資金100万:1pipsは400円

デイトレの場合は、10pips-50pips程度の利益を狙いますが、大体25pips前後になることが多いので、軍資金1万なら25pip取れても100円の儲けにしかなりませんが、軍資金100万で25pips取れれば1万円の儲けになります。

なお、損していい金額は、スキャルピングもデイトレも、軍資金の1%までなので、次のようになります。

  • 軍資金1万:1回のトレードで100円の損まで
  • 軍資金10万:1回のトレードで1000円の損まで
  • 軍資金100万:1回のトレードで1万円の損まで

結局、FXで狙うpipsは、トレードの仕方により違う

結局のところ、何pipsの利益を狙うかは、「スキャルピング」と「デイトレ」で違うので、まずは自分がどの方法でトレードをするかを決めるのがいいかもしれません。

ただし、「スキャルピング」をする場合は、常に気の張り詰めた状態でトレードしなければいけないので、ストレスも高く、体への負担も大きいです。「スキャルピング」は、小さい利益をたくさん積み重ねる方法なので、ちょっと気をゆるめてしまうと利益を逃してしまうだけでなく、大損してしまう可能性もあるためです。

そのため、ある程度、気持ちに余裕のあるトレードをしたいなら、「デイトレ」の方がいいです。私も使っている「マーケティングFX」は、「デイトレ」によるトレードで、売買サインが出たら、パソコンの音や携帯メールで知らせてれくるよう設定もできるので、ゆったりと資金を増やしたい方は、チェックしてもいいかもしれません。

「マーケティングFX」は、軍資金により、「pips」や金額も自動計算してくれるので、資金管理がしやすいもの、メリットだと思っています。